2018/01/09

2018年お正月ディズニー旅行(2)

皆さまこんばんは🌝

今日から具体的に今回の『遠方から行く3世代ディズニー 2018年お正月編』を記していきます。

大半が私的備忘録になろうかと思います。

私はいつも色んな方のブログに助けられていますので、この記録もどなたかの参考になれば…幸いです:-)


それでは、2018年お正月ディズニー旅行の一日目、まずは舞浜駅に到着後の手続きから……





◈◈◈◈◈◈◈◈◈◈


【 旅行1日目 】

舞浜駅に到着後、今回の宿泊先である『ヒルトン東京ベイ』の東京ディズニーリゾートウエルカムセンター内のカウンターでスーツケース等の大きな荷物を預けました。

このウエルカムセンターは、ディズニーホテルとオフィシャルホテルの出先カウンターがあるのですが 、私が到着した時刻は東京ベイ舞浜クラブリゾートの手続き列が混みあっていました。

若い学生さんらしき人が多いように感じました。

ヒルトン東京ベイのカウンターは、ウエルカムセンター建物の入口から一番奥にあります(御手洗いがすぐとなりにあります。子連れにはありがたいポイントですね)。

私たちの前に3組ほど待たれていました。

すぐ前のかたは訪日外国人で、2家族でご旅行中のようでした。

目が合って、互いに笑顔で挨拶しました。(どちらからお越しか分からなかったので、「こんにちは:-)」と笑顔で。

外国人の方には珍しくマスクをされていたので、日本の冬の寒さに風邪をひかれたのかもしれませんね。

(かくいう私もマスクをしていました。半分風邪予防です)

あまり詮索するのも悪いので、その後はおとなしく順番が来るのを待ちました。

5分ほど待って、私たちの順番がきました。

(母と子供には、お手洗いを済ませて列から離れたところで待ってもらっていました。

3世代旅行は、要所々々でトイレ確認、見つけた時にとりあえず行っておくのは時間の節約のためにも大事なことだと思っています。)


【ヒルトン東京ベイの手続きについて】

これまで泊まったディズニーホテル、オフィシャルホテルとは手続きが少し違いました。

ヒルトンのウエルカムセンターにて

※入園パスポートは、ここで購入しました。

以前泊まった別のオフィシャルホテルでは(シェラトン、クラブリゾート)、支払いにクレジットカードが使えましたが、ウエルカムセンター内のヒルトン東京ベイカウンターでは現金支払いのみでした。(ホテルの公式サイトに記載があります)
「ホテルの部屋は、予約時のリクエスト通り15時から使えますが、実際は何時頃にお部屋に到着されますか?」的なことを訊かれました。

私が「おそらく16時頃かと」と答えると

「では、ホテルに到着後、フロントにてチェックインのお手続きをお願いいたします。

お荷物はホテル1階のロビーサービスでお受け取りください」といって、荷物の控えとと1階の案内図が入ったリーフレットを渡されました。

内心、チェック時にフロントが混雑していたら嫌だなと思ったのですが、全くそんなことはありませんでした。

舞浜のウエルカムセンターで預けていた荷物もすぐに受けとることができました。

荷物を受けとる際、「お部屋までお持ちしましょうか?」と訊かれましたが、丁重にお断りしました。

今回は意外と荷物が少なくて、小型スーツケースと中型リュックひとつしか預けていなかったので自分達で運べますしね。(部屋に着いたら、すぐリラックス体勢に入れますし:-)

フロントのすぐ目の前にキッズスペースとお手洗い(レストルーム)があるので、子連れにはとても便利でした。

子供は飽きることなくキッズスペースで楽しんでいました。

キッズスペースとフロントの間に横長のソファがあるので、グループの代表者がフロントでチェックインの手続きをしている間も、同行者は座って待てるのでいいですね。

キッズスペースの壁沿いに仕掛け遊び的なおもちゃがはめ込んであり、両端にテレビがあって、アナ雪とカーズが流れていました。

音声は日本語でしたが、字幕は英語。

訪日外国人の宿泊が多いんだろうなと感じる出来事のひとつでした。

もし、待ち時間が長くなりそうだったら、お隣のセガフレード・ザネッティで飲み物を注文するとか、ホテル1階の入口を入って左手に進むとあるディズニーファンタジーやコンビニエンスストア 生活彩家を覗いてみるのもいいかもしれませんね。

今回の旅行で私たち利用する機会がありませんでしたが、フレッシュ・コネクションも美味しそうなものが並んでいました。

次回またヒルトン東京ベイに泊まることがあれば、こちらで翌朝の朝食を調達しておくのもありかなと思いました。

母は、フォレストガーデンの朝食の際に、ヒルトンオーナーズに提供されるエスプレッソを気に入っていました。

私はカプチーノ、子供はホットチョコレートをいただきました。何れも美味しかったです。


【ヒルトン・オーナーズについて】
今回の旅行、私たちは旅行会社経由で手配しました。

子供の夕食はツアーのオプション設定になかったので、旅行会社経由で予約を入れてもらいました。

ヒルトン・オーナーズというと、直接予約しか適用されないと思っていましたが、フロントでチェックインの際にeメールアドレスを記入したら、その場でヒルトン・オーナーズに登録してくれました。

また、その際に部屋で使える無料Wi-Fiのパスワードをいただけました。(勿体ないことに、部屋でネットする気力は残っておらず使っていません)

翌朝からのレストランでの朝食ビュッフェの際には、ヒルトン・オーナーズの優先レーンから入ることができました。

ヒルトンに宿泊予定のかたは、ヒルトン・オーナーズに入会されると便利かもしれませんね。

私の時は以上のような感じでしたが、皆さまがご利用になる際は変更が生じているかもしれません。

お手数ですが、ご利用時には最新情報をお確かめくださいませ。


(ヒルトン東京ベイ公式サイトよりお借りしました)


今回は文字多目になってしまったので、次回からはもっと写真を入れていこうと思います。

次回は、旅行1日目に入園した東京ディズニーランドの様子からお伝えします。








このブログでよく読まれている投稿